巨乳Sお姉さんに素股で抜かれた札幌デリヘル体験

風俗通いは悪いこと?

むっちり巨乳なSお姉さんに素股で抜かれた札幌デリヘル体験

みなさんは、ゴールデンウィークなどの連休にはどんなことをするでしょうか。考えられることは色々とありますが、旅行をするという方も決して少なくないでしょう。かくいう私も、連休には度々遠方へ繰り出して、その土地のグルメや風景、そして風俗なんぞを楽しんでおります。

今回は、私が旅行先の北海道で利用したデリヘルでの体験をお話したいと思います。

現地で酒を飲み……

私が北海道旅行をすることに決めたきっかけは、なんでもありません、ただ行ってみたいと思ったからです。これといったプランもなく、私は出かけて行きました。そういうノープランの旅が意外と楽しかったりするのです。

格安航空会社を利用して、札幌に降り立った私は、とりあえず時計台や札幌ファクトリーなどといった、旅行者であればもれなく訪れるべき場所を見学し、辺りも薄暗くなりはじめた頃に、個人経営の居酒屋に入って酒を飲みました。そうしてほろ酔い気分で店を出て、ホテルにチェックインしますと、妙にエッチな気分です。いえ、酔うとエッチな気分になるのはいつものことなのですが、旅行中ということもあって、元からあった「何か特別なことをしたい」という思いが、現地の風俗はどんなだろうという興味にそのときふいに結びついたのです。

風俗遊びをするか否かについても特に決めてはいませんでしたが、そういうエッチな気分になると、我慢することは難しいものですね。気づくと私はスマホでデリヘルを検索し、気づくと予約の電話を入れておりました。

旅行にお金を使っておいて、そのうえデリヘルを呼ぶとは。金遣いが荒いのひとことですけれども、電話を終えたあとは一応私も後悔したのです。やめておけばよかったかな、と。しかしやってきたデリヘル嬢はそんな私の後悔を一瞬にして吹き飛ばしてしまいました。

むっちり感の素晴らしい

お姉さんドアがノックされ、出て行くと、そこにはミニスカートのお姉さんが立っておりました。彼女の名前はEさん。29歳で、勤続7年のベテランのデリヘル嬢です。

ひとめ見て思ったのは、胸が大きくて「そそる」ということ。私は女性のファッションに詳しくないのですが、下はミニスカ、上は――薄手のセーターとでもいうのでしょうか、材質は毛糸か何かで、やわらかそうで、その胸元は豊かにふくらんでおります。私の見立てではEカップもしくはFカップといったところでしたが、実際はGカップあったそうです。

その胸もさることながら、太ももの若干肉のついている感じもまたセクシーです。私はにやけそうになるのを必死に堪え、彼女を中に招き入れ、それから雑談もそこそこに、一緒にシャワーを浴びました。その時点ですでに私は「デリヘルを呼んでよかった」と思っていましたね。

素股でおもいきり射精

浴室を出てからだを拭いて、さっそくプレイを開始します。彼女は積極的かつ責めっけのある方で、私のワキやおなかや足を舐めて、くすぐったがるのを見て面白そうにします。エッチなこと大好きな年上のお姉さんに悪戯されるという、男なら誰もが夢見るシチュエーションがいま現実のものとなったように感じました。

そして息子をお口でしてもらったと、彼女に上になってもらい、性器を密着させて、彼女に前後に腰をふって素股をしてもらいます。私は彼女のすばらしい肉感の太ももをつかみながら、思い切り射精いたしました。すばらしき我が北海道。機会があればまた行きたいですね。

そもそも風俗ってなに?

なぜ風俗に足をふみいれるのか

風俗は悪いものじゃない!

風俗なんてフケツ!≪否定派≫

徹底討論!! 男女の価値観の違い

風俗は終わらない

業態ごとの風俗遊び

全力で風俗を楽しめ!

少しだけ怖い風俗の話

風俗をもっと楽しむために!

風俗嬢に恋...ってあり?

風俗遊びの生む意外な副産物

風俗で体験した色々のこと

関連サイト