風俗の種類

画像
風俗店にはどんなものがあるのでしょうか。ひとことに「フーゾク」といっても、その種類はさまざまです。どこで営業しているのか、どんなサービスをしてもらえるのか。プレイや営業方法ごとに、代表的なものを紹介します。
風俗らいぶらりー 風俗の種類
バリエーション豊かな「ヘルス」系
風俗と聞いて、最初に思い浮かべるのはソープか、このヘルスでしょう。ヘルスはどこでサービスを行うかによって、いくつかの種類に分けることができます。
店舗を構えて、そこに客が訪れるタイプがファッションヘルスです。お店で行うため、箱ヘルと呼ばれることもあります。一方、ヘルス嬢を店外に派遣し、そこでサービスを行うものを無店舗型と言います。宅配するファッションヘルス、つまりデリバリーヘルスです。特に、ホテルを利用するものは、ホテルヘルスと区別します。
これらのヘルス系のお店では、ディープなプレイは出来ません。フェラやペッティングなどを駆使して、男性に奉仕することが目的です。
もっとも濃密なプレイが期待できる?「ソープ」系
ソープの名の通り、表向きは特殊浴場として営業しているタイプです。客は店舗に赴き、個室で性的なサービスを受けます。部屋には、お風呂やベッドが備え付けられており、それを使ってプレイをすることになります。
特徴は、ローションやマットを利用したサービスを受けられること。そして、さらにその先に濃密なプレイができるのが特徴です。価格帯も広く、手軽に利用できるお店から、高級店と呼ばれる高品質のお店も存在しています。
女の子とお酒を楽しみながら「ピンサロ」系
風俗店の中でも、もっともライトなものがピンクサロンです。店舗型ですが、多くの場合個室は備え付けられていません。広いフロアにいくつかのボックスシートが設置してあり、そこでサービスを受けることになります。
内容としては、女性コンパニオンとの談笑やボディタッチを楽しむこと。お酒が供されることもしばしばです。直接的な性行為は少なく、オーラルセックスで射精させてもらうことがプレイの中心になります。他の風俗店と比較しても、軽めのサービス内容ですが、その分料金を安く済ませることが可能です。

このほかにも、イメージクラブやM性感などバリエーション豊かな風俗店が存在します。しかし、メインストリームは上に挙げた三種類でしょう。値段が安いものから高いものまで。プレイが軽いものから濃厚なものまで。自分のニーズに合わせた選択をすることができます。