性のプロだから出来ること

画像
貴女でなければならない、とは普通恋人に向かって言う殺し文句です。しかし、風俗嬢でなければならないという状況もありえます。セックスは愛があればよい、というのは思い上がりです。心がこもっていれば、知識や技術が無くてもおいしい料理が作れると言っているようなものでしょう。プロでなければ解消できない問題があるのは確かです。
風俗嬢と侮ることなかれ
職業に貴賎なし、といっても身体を売る仕事は卑下されがちです。自分の貞操と引き換えに小銭を稼ぐ、ということはいかにも下品に映るのでしょう。しかし、風俗嬢はなかなか過酷な職業です。そもそも、不特定多数に性行為をすること自体が心身に負担をかけます。高級店に勤めるソープ嬢はそれに加えて、礼儀作法や一般常識を身につけなければなりません。
上等な風俗店は教育が行き届いているため、きめ細やかなサービスが受けられるでしょう。場合によっては、経済や政治の話にも付き合ってくれるため、接待での利用も可能です。
オナニーのしすぎで射精ができない
早漏、あるいは遅漏で悩む人は多く存在します。精神的な原因からのものもありますが、自慰のしすぎで遅漏になってしまうことがあるようです。自分でする際には、好きな個所を好きな力加減で刺激することができます。また、より強い刺激を求めて、陰茎を握る力が必要以上に強くなってしまうこともあるようです。こういったことが続くと、セックスの際にイケない身体になってしまいます。
風俗嬢はこんな客にも対応可能です。射精するのが早い人には、あまり強く刺激過ぎないように、遅い人には、きちんと時間をかけてイケるようにしてもらえるでしょう。場合によっては正しいマスターベーションのしかたを指導してくれることもあるかもしれません。
EDの原因はパートナー?!
本来、EDなどの性に関するトラブルは配偶者や恋人と一緒に乗り越えていくものです。しかし、それができないこともあります。勃起できない原因がパートナーにある場合です。「あなた勃たなくなったの?もう年かしら」何気なく行った一言でも、心の傷になってしまうことは珍しくありません。セックスに誘っても馬鹿にされるのではないか、と疑心暗鬼になってしまうケースもあるようです。
そこで、パートナーとは別の女性と接することで自信を取り戻そうとして風俗を利用する方もいらっしゃるそうです。念のため、ED治療薬を用意する慎重な人もいるそうです。バイアグラ等のED治療薬はクリニックで簡単な診察で処方をしてもらえるので、気軽に利用してみてはいかがでしょうか。ただし、ネットで格安販売しているものは粗悪品の可能性が非常に高く、健康に悪影響を及ぼす場合もありますので医療機関で処方してもらうのが良いでしょう。
ED治療薬には2013年現在、国内では3種類あります。有名なバイアグラ、即効性のあるレビトラ、長時間作用するシアリス。この3種類のED治療薬について知りたい人はコチラが参考になります⇒バイアグラ・レビトラ・シアリスを検証!違いは何?
常識の観点から考えると、おおっぴらに風俗を肯定するのは難しいことです。それでも、風俗嬢がセックスのプロであり、技術と経験を持っていること。そのノウハウを生かすことができることは否定できません。