なぜ風俗に足をふみいれるのか

風俗通いは悪いこと?

風俗は大人のたしなみ

飲み会のあと、みんなで風俗に行った。こんな経験をしたことがある人もいるのではないでしょうか。好むと好まざるに関わらず、大人の男性になれば一度や二度風俗を利用する機会が訪れます。社会人として、どうやって風俗と関わって行くべきかを考えましょう。

風俗好きの上司に連れられて

二次会や三次会で風俗店に行きたがる上司は、よくいるようです。お酒も回って気分が高揚してくると、女性と接したくなるのでしょう。直接の性サービスを提供するお店以外にも、キャバクラなどが好まれています。
目上の人から、風俗に行こうと誘われたらどうするか。自分が好きだったら、迷わずについて行けばよいでしょう。しかし、あまりそういったお店に馴染みがない場合、下手に断っても角が立ってしまいます。相手が理解のある人、親しい人であれば問題ないかもしれませんが、地位が離れている人である場合は黙って従うほかに選択肢はありません。社会に出たら、風俗を利用する覚悟も必要です。

接待風俗

あのお店に行きたい。接待相手にこう言われたら断ることはできません。それが風俗店であっても、です。企業にもよりますが、歓待をするときに、性的なお店に連れていくことがあります。最近は減ってきているようですが、風俗の料金を接待費で落とす、ということが日常的に行われていたこともありました。
結婚している場合、このような行為は奥さんから嫌がられる原因になります。しかし、いち社員としては、取引相手の要望を断ることもできず板挟みに苦しむことが良くあるようです。

英雄色を好む

昔から、女性関係が華々しいことは、良い男の条件に数えられています。今日では、草食系などがもてはやされ、そういった風潮も薄れてきたように感じられます。しかし、上司や接待の例でも見たように風俗を避けられないことも出てくるでしょう。そうであるなら、性産業を毛嫌いせず、上手に利用できる方がスマートであると言えます。
もちろん、配偶者や恋人がいるときはその限りではありません。独り身ならば、はまらない程度に風俗をたしなんでおけば、他人から誘われたときに、戸惑うことが無いでしょう。ひとつの世渡りスキルと言ってもいいかもしれません。

風俗は大人のたしなみです。自分から積極的に使う必要はありません。しかし、雰囲気やシステムに精通しておくことは決して無駄であるとも言い切れません。風俗店を回避できない状況になった時、何気ない顔で済ませることができれば、大人として一歩前進です。

そもそも風俗ってなに?

なぜ風俗に足をふみいれるのか

風俗は悪いものじゃない!

風俗なんてフケツ!≪否定派≫

徹底討論!! 男女の価値観の違い

風俗は終わらない

業態ごとの風俗遊び

全力で風俗を楽しめ!

少しだけ怖い風俗の話

風俗をもっと楽しむために!

風俗嬢に恋...ってあり?

風俗遊びの生む意外な副産物

風俗で体験した色々のこと

関連サイト

画像
募集中
≪バナー箇所≫

画像
募集中
≪バナー箇所≫

画像
募集中
≪バナー箇所≫