そもそも風俗ってなに?

風俗通いは悪いこと?

人間の歴史は性の歴史

画像
人間と性は、切っても切り離せないものです。セックスが無ければ、動物は子孫を残していく事はできません。ひとの歴史は、常に性とともにあります。芸術も文学も、それなしには語ることができません。いかにセックスが大切なものなのか、歴史をひも解きながら見ていきましょう。

最古の職業

歴史にはさまざまな形で性が現れてきます。最近なにかと話題になっている従軍慰安婦の問題もその一つでしょう。古くは神話や聖書にさえ、セックスは描かれています。たとえばギリシア神話の登場人物のゼウスは20人近い妻や愛人がおり、それぞれに子どもを産ませています。オナニーという言葉は、聖書に登場するオナンとよばれる人物が語源です。
また世界最古の職業は売春、という言葉があります。性を売り物にすることは世界各地で古くから見られることです。相手に性的なサービスを施し、対価をもらう。これは人間に広く見られる、普遍的な行為だといって良いでしょう。

アートはエロスからはじまった?

芸術の中で、性を扱っていないものはほとんどありません。裸婦画や裸の彫刻を見たことない人はいないでしょう。有名なミロのビーナスやニケ像、ダビデ像なんかもすべて裸です。
もっと古いものはどうなっているのでしょうか。日本の土偶にも、しばしば性的なモチーフがあらわれます。胸やお尻を強調した姿や、妊婦の像。あれは女性的な部分を誇張した姿をかたどったものです。また古代エジプトの壁画には、男性器がはっきりとかかれています。当時は、包茎が良いとされていたため美しく、露茎は醜く描くのが普通でした。このように、アートには大昔から性が現れています。

奔放な街、江戸

江戸は、性的に自由な都市であった事が知られています。その時代は、まだ夜這いの文化が生きていました。夜中、男性が女性のもとへ通っていく。そこで行為に至ったり、果ては結婚することもあったようです。今のように婚姻の制度も整っていなかったため、複数の女性と関係を持つことも珍しくありません。その様子が春画という、今でいう「エロ本」に描かれており、今でも残っています。
また、当時最大の遊郭であった吉原は、現在でも歓楽街として健在です。幕府は、吉原を正式な売買春の場所として認めていました。活気に満ちており、多くの男性が通う華々しい場所であったそうです。

現代の性は、隠さなければならない厭らしいものだとされています。しかし、人間のいとなみの多くは性的なものと強く結び付いていると言って良いでしょう。ヒトと性とは切り離せない。セックスを売り物にすることは、長い歴史と伝統がある行為です。

そもそも風俗ってなに?

なぜ風俗に足をふみいれるのか

風俗は悪いものじゃない!

風俗なんてフケツ!≪否定派≫

徹底討論!! 男女の価値観の違い

風俗は終わらない

業態ごとの風俗遊び

全力で風俗を楽しめ!

少しだけ怖い風俗の話

風俗をもっと楽しむために!

風俗嬢に恋...ってあり?

風俗遊びの生む意外な副産物

風俗で体験した色々のこと

関連サイト

画像
募集中
≪バナー箇所≫

画像
募集中
≪バナー箇所≫

画像
募集中
≪バナー箇所≫