風俗はハイリスクハイリターン?

風俗がいかに良いものであったとしても、リスクは看過できるものではありません。恋人がいる場合は、ばれれば当然良い気はしないでしょう。お店にもよりますが、それなりのサービスを受けようと思えば料金も決して安くはありません。なによりも、性病を移されてしまうことは配慮に入れておかなければならないでしょう。
パートナーには好まれない
風俗店を利用する上で、最初に考えなければならないことはパートナーのことです。風俗通いが浮気であると感じる女性は少なくありません。相手の意向を無視してほかの女性と肌を重ねてしまっては、悪い印象を与えてしまうでしょう。

数度通ったくらいで離婚まで発展してしまうことは少ないようです。しかし、確実に不信感は募ってしまいます。
高い料金
高級店だと一度に6万から8万ほど、安くても2万円ほど必要です。格安店として1万円を切るものもありますが、サービスの質は推して知るべきでしょう。風俗を利用するのにはお金がかかります。社会人の独り暮らしで、数か月に一度の贅沢として利用する分には個人の自由です。もし結婚をしているならば、給料は夫婦の共有財産です。腑に落ちないかもしれませんが、自分一人で稼いでいたとしてもそうなってしまいます。勝手に高い料金を支払うことは、相手から不評をかってしまう原因です。

また、風俗に高い値段を払うだけの価値があるのかも疑問です。もしパートナーが付き合ってくれるようであれば、同じようなプレイを再現することもできるかもしれません。料金で女性を選ぶのも失礼なのですが、コストに見合ったサービスを受けられるかどうかは考えなければなりません。
病気のリスクは無視できない
風俗を利用する上で最も気をつけなければならないことは性病に関することです。きちんとコンドームを利用していれば防げる可能性も上がりますが、それでも無視することはできないでしょう。毛虱(けじらみ)程度なら笑い話ですが、エイズなどの症状が重いものを移されてしまったら目もあてられません。

料金が高いお店ほど、定期的な検査をきちんと行っている傾向にあります。だからと言って安心はできません。自分のひとり前の客が感染者だという確率は低いですが、ゼロではありません。

快感を味わえる代わりに、危険を冒す必要がある。それが風俗店です。自分の身体の事もそうですし、パートナーとの関係性にも気を配る必要があります。風俗には大きなリスクがある、否定派のその意見は、風俗愛好家も常に肝に銘じておかなければならないものでしょう。