あなたにとって風俗とは?【女性編】

女性にとって風俗とはなんでしょうか。男女での風俗観を比べるために、まずは女性の意見をまとめてみましょう。いくつかの考え方に分かれています。風俗通いをまったく認めないという立場から、むしろ推奨するような人もいるようです。
絶対に許せない!
風俗通いは絶対に許せない、という否定派です。彼氏や夫だったら、すぐにでも別れると息巻いています。潔癖な女性がこの派閥に属しているようです。

決して大多数という訳ではありませんが、かなりの数の賛同者がいます。「夫が風俗に通っていたようです。離婚できますか」という相談を、インターネットの口コミでも多く見つけることができます。
オトコってそういう生き物だよね
内心嫌だと思いながらも、男の事だから仕方ないと容認する派閥です。多くの女性がこの立場を取っているようです。この意見に甘えて、風俗通いを続ける男性もいるようです。妻がなにも言わないからといって、許している訳ではなくただ黙殺していることもあります。

容認派の中でも、細かくタイプを分けることができます。風俗なんて本当は認めたくないけれどもしぶしぶ許している人。パートナーがほかの女性とセックスしていようが興味がない人。さまざまな意見が混在しています。
自分はセックスが苦手だから……
性的な事を自分でするのが苦手な人が取る、推奨派の立場です。恋人や配偶者と付き合ってはいたいけれどもセックスはしたくない、求められるのが嫌だと言う人たちが含まれます。自らに性的な目を向けられるのが面倒くさいので外部で処理してくれば良いと考えているようです。
風俗嬢の立場
風俗店で働いている人ももちろん女性の中に含まれます。自分が従業員だからと言って、パートナーの風俗通いを許容するかと言えばそうでもないようです。一般の女性と比較すると、否定派は少ない傾向にあります。しかし、自分以外の女性とセックスしてほしくないと嫉妬に燃える人もいない訳ではありません。

さまざまな事情があって働いているので、気持ちも複雑です。男性を気持ちよくしてあげたいという使命感に燃えている人もいます。仕事は面倒くさいけど、お金がほしいという人も少なくありません。

すべての女性が風俗を否定するわけではありません。また、口に出していないからと言って風俗通いを認めているとも限らないようです。性欲を処理したいから処理する。自分の欲だけに素直になってはいけません。パートナーと積極的にコミュニケーションをして相手の気持ちを尊重する必要があります。