あなたにとって風俗とは?【男性編】

男性はどのように風俗を捉えているのでしょうか。寝た女の数は男の勲章という言葉もあります。しかし、すべての男性が風俗を肯定している訳ではありません。好きな人もいれば、嫌いな人もいます。利用の仕方や、風俗に対するイメージからいくつかに分類してみましょう。
風俗なんてフケツ
お金を払って女性を抱くことに嫌悪感を覚える男性たちもいます。売春でなくとも、パートナー以外とのセックスを望まないのもこのタイプです。昔からこのタイプはある程度いたようですが、近年若者を中心に増えてきている傾向にあります。

度が過ぎると、妻や彼女の元彼すらも許容できなくなってしまうようです。女性にある種の神聖さを求めていると言ってもよいでしょう。
無関心派
利用したこともないし、利用する気もないのがこの派閥です。元から性欲があまり強くなかったり、恋人とのセックスに満足している人たちが属しています。現状に満ち足りているので、わざわざお金を払って風俗に行こうとは考えません。

しかし現時点で無関心なだけであって、なにかのきっかけで通い始める可能性があります。付き合いで入ってみた、彼女と別れた時などに利用してそれ以降はまることも考えられます。
たしなみ程度に
積極的には通わないけれども、欲求不満になった時だけ利用する。上司や取引先の担当者に誘われた時にはついていく。風俗と一定の距離を保っている人たちも存在します。大人の付き合い方を心得ている人たちと言っても良いかもしれません。

恋人がいるときは利用しないと言う人から、自分一人で行く勇気が出ないと言う人までさまざまです。お金がないから頻繁には利用できないという場合もあるでしょう。
フーゾク大好き!
風俗通いが常習化している。普通のセックスやオナニーもするけれど、それとは別に利用している。多くはないですが、このような人たちもいます。風俗独特のプレイの虜になった人たちです。セックスのパートナーが作れないが性欲が強いため仕方なく、というパターンも含まれるかもしれません。

この派閥はどちらかというと、年齢層が高い傾向にあるようです。経済的に裕福である、過去の風俗最盛期を体験しているなどの原因が考えられます。

このように、同じ男性でもさまざまな立場を取ります。きちんとした統計はありませんが、たしなみ程度に利用する人や、無関心な人が多いようです。