風俗をより楽しく、気持ちよく!風俗に行く前にすべき準備とは

風俗に行くときには、その数日前から「準備」をしましょう。そのほうがより風俗を楽しむことができます。どうせお金を払うのですから、気分よく、気持ちよくなりたいですよね。そこで当記事では、風俗をより楽しめる「準備」についてお話ししたいと思います。
一人でするのを我慢する
風俗へ行く三日前より、いわゆる「オナ禁」に入ったほうがよいでしょう。なぜなら、溜めていったほうが気持ちよくなれるからです。一週間も二週間も我慢する必要はありません。私の経験上、三日も我慢すれば、射精したときの快感は「最高」と感じられるほど強くなります。感度の向上に比例して勃起力も高まりますから、プレイの最中に萎えてしまうのを防ぐことができます。ただし溜めていくと大量の精液が射出され、それを嫌がる嬢もいますので、恋人として付き合いたいと考えている嬢と遊ぶときには、溜めるのはほどほどにしたほうがよいでしょう。

勃起力のことでいえば、風俗に行く前に、バイアグラなどの薬を飲むのもありです。勃起薬を飲めば、プレイの最中に萎んでしまうようなことはまずありません。専門のクリニックに行けばすぐに処方してもらえますので、ひとつ用意しておくとよいでしょう。
お店のルールを確認する
男性従業員がプレイスペースに入ってきて、「〇〇しないでください」と注意をしてくる。これほど気分の下がるものはありません。プレイを存分に楽しむには、そのお店のルールを事前に確認しておくことが必要です。

たとえば、私は以前ピンサロに行ったときに、男性従業員に注意されたことがあります。その日ついてくれた子はロングヘアーだったのですが、サービスの最中に髪が垂れ下がってきて邪魔そうだったので、私がその両サイドの髪の毛を少し持ちあげてやったんですね。しかしそれを見た男性従業員が、私に注意をしてきました。「頭に手を置かないでください」とのことです。そのお店では、女の子が苦しい思いをしないようにと、頭に手をまわしてイラマチオのような体勢を取る行為を禁止していたんですね。

もちろん私は髪を押さえてあげていただけなのですが、手の位置が悪かったようです。男性従業員は、私が女の子の頭部を掴むようにしていると勘違いして、注意をしてきたわけですね。大したことではありませんが、ちょっと落ち込んでしまうのは事実です。お店のHPには大方、ルールや禁止行為等が記載されていますが、頭に手を置かないといった細かなルールまでは、書いていないことも多いです。ネット掲示板などから、そのお店のクチコミを調べて、どのような決まりがあるのか、把握しておくとよいでしょう。
指名は絶対にするべき
数日の準備期間のうちに、どの子と遊ぶか決めておきましょう。そして当日はその子を指名しましょう。指名をすると、そのぶん嬢にお金が入りますので、彼女がやる気を出してくれる可能性が高くなります。フリーの客と指名客なら、後者とのプレイに力を入れるのは当然のことです。自分の好みの子と、最高に気持ちの良いプレイをする。これが風俗の最も正しい楽しみ方です。ぜひ指名をしてください。

どの子を指名するかについてですが、ただ見た目だけで判断するのは良くありません。「サービス地雷」という言葉があるように、やる気がなかったりサービスが極端に下手くそだったりすることがあるからです。できればランキングを参考にして、見た目もまあまあ好みでテクニックもありそう、という子を指名するのがベストですね。みなさんもぜひ、風俗に行くときには以上のことを心掛けてみてください。