やっぱり風俗は怖いところなの?

風俗は怖い…そんなイメージを抱いている方もいらっしゃるのではないでしょうか?特に、あまり夜の街で遊び慣れていない方の場合、風俗街は楽しい場所、というよりも怖い場所というイメージを抱いていることも多いようです。 また、そのイメージから風俗の世界への一歩を踏み出すことができない、という方もいらっしゃるでしょう。

風俗はとても楽しい場所です。うまく利用することができれば、あなたの生活をより充実したものにしてくれるでしょう。 しかし、その一方で怖い一面があることも確かです。そこから目を背けるのではなく、しっかりと知ることによって、危険を回避することができるようになります。

そこで、ここでは風俗の持つ怖い一面について、少し真面目に考えてみたいと思います。
風俗街は安全な場所になった?
昔と比べると、風俗街はかなり安全な場所になった、と言われています。その理由の一つが、法律や条例の整備がすすめられた、という点でしょう。 かつて、風俗街が完全な無法地帯であった時代もありました。最近ではほとんど姿を消してしまったボッタクリ店や、強引なキャッチも多く、夜の街にかなり慣れているベテランであっても、危険な目に遭ってしまうことが少なくありませんでした。

しかし、今日では取り締まりも厳しくなったことから、悪質なお店はほとんど姿を消しています。 つまり、昔と比べると、風俗街はかなり安全になった、と言えるでしょう。

しかし、まったく危険がない、と断言することはできません。悪質なお店は減ったとは言え、完全に根絶することは残念ながらできません。 そのため、知らない街で、知らないお店にふらりと入ってしまうと、思いがけない危険な目に遭ってしまうこともあるのです。
病気だって怖い?
風俗の世界では、性病が蔓延している…そんな噂話を聞いたことがある、という方も多いのではないでしょうか? 事実、かつては風俗で性病をうつされてしまった、なんて話はまったく珍しくはありませんでした。私は経験したことはありませんが、身近な友人の中にも、風俗で性病に感染してしまった経験を持っている人がいます。

そんな性病のリスクも近年ではかなり軽減されています。医学の進歩によって、ほとんどの性病は簡単に治療することができるようになっています。 そのため、風俗の女の子が性病に感染したとしても、すぐに治療をすれば、他のお客さんにうつしてしまうことはほとんどなくなったのです。

また、お店側も性病に感染してしまうのを防ぐために、さまざまな対策を打っています。プレイルームを衛生的にすることはもちろんですが、女の子全員に定期的な性病検査を義務付けているお店も多くなっています。 また、性病に感染している疑いのあるお客さんはしっかりと断るようなりました。

もちろん、性病がこの世から絶滅したわけではありませんので、まったくリスクがない、とは言えませんが、昔に比べると、安心して利用することができるようになった、と言えるのではないでしょうか?

現在の風俗は、安全で、誰でも気軽に楽しむことができるようになっています。しかし、怖い一面が完全になくなったわけではありません。 ここでは、そんな怖い一面をしっかりとご案内し、危険を避ける方法を知っていただきたいと思います。